スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 MAR24 焦りと自問自答の日

昨日に引き続き叔母が早くから来てくれた。


午前中は2人で電話できそうな病院をハローページ(ああ、乏しい情報)で探す。かの「G研」は第4週土曜日は休診なのだ、残念。
時間がないのでセカンドオピニオンは一番行ってみたい病院一箇所でいいんだって思ったから、第一希望が駄目だとまた病院探し。
「G研」に縁がないならセカンド聞くなってこと?もしや聞かないほうがいい結果なのか…


国立の専門病院とか、誰でも知ってる有名どころは思いつくけど、土曜の今日電話しても駄目だったらガッカリきちゃうし。。


イジイジと時間がだけが経っていく。

今日は止め止め!
この悶々を吐き出すことにしよう。まだ歩くとことは許されないくらい安静にしてなくちゃいけないし。







午後になって妹と、少し遅れて母が北海道から到着した。その年で何度も飛行機で往復させてごめん。疲れるよね…


叔母も含め3人は久しぶりに会ったもんだからギャーギャーウルサイッ。一気に喋り捲っている。
「周りの方たちに迷惑だからどっか行って」と妹に頼んで置いた本を受け取って彼女達をデイルームに行かせた。

ワタシの前で同情で心配でしんみりするのがイヤだった、ってのが手に取るように分かった。痛い。



頼んだ本は子宮がんについての本。基礎知識と治療法と闘病体験談が載っていた。

このときナベ先生からはがんのステージがI-aなのかbなのか聞かされていなかったが、腫瘍が大きいとは言われていたからbなのだろうなとは思っていた。

読み勧めると分かったのだが、aとbでは著しく違うではないか!子宮を温存出来るか出来ないかだ。


なんてこったい。。。


どーしても少し早く体の異常に気が付かなかったのか。そういえば年が明けてから尿漏れみたいなことが増えてた。それって水様オリモノだったの???みたいね。。


後遺症って?
しらないよ、そんなの。ワタシは体動かしてナンボの仕事だよ?ヒトが見ても自分でも天職だよ。どーなっちゃうの?


それにHPV(ヒトパピローマウイルス)って何?
子宮頸がんの知識がまるで間違っていた。

過去2回受けた婦人科での検査もがんを意識したものではなくて
不正出血等の症状があって受けたのでがんの有無については「大丈夫でしたよ」と言われても「当ったり前だ」と流していた。

でもでも前回、一昨年の検査結果でなにかの項目で「大丈夫ですが様子をみましょ」ということばを思い出した。
あれはもしかして細胞侵クラスⅡってことだった???(Ⅲなら再検査だ)当時腫れてた卵巣が気になって忘れていた。


なんてこったい。。。



そして「性交渉で感染する」と。いつ?どこで?誰から?一番最近?性交時出血してないよ?そんなに速く腫瘍が大きくなったの?進行めちゃ早いんじゃ?
知識のないワタシは一番最近の相手を一瞬恨んだものだ。がんが発生して1センチの大きさになるまで10~5年掛かると後で知ったのだが。





読み進める程落ち込んだ~逃げ場はないのか。

ホントに放射線ではだめなのか?欧米では標準治療って書いてあるよ。アメリカに行けばなんとかなるんではないか?行っちゃおうよ

このステージのがんで子宮温存の手術でも助かった日本第一号になれるんではないか。なろうじゃないか。
馬鹿げたことを真面目に考えていた




悪あがきを考えてると妹が戻ってきた。
じっくり話した…近況報告以外に深い話って成人してから初めてした?私たち?
実は最大の理解者だった彼女。なんと代理母をしてもいいという。彼女もまだ子供はいない。でもそんなことを言ってくれた。涙がとまらなった。Aちゃん、ホントにありがとう。






皆が帰った後、来週の病院食のメニュー表の裏に書き出してみた。
つい最近、会社の研修でリスクマネジメントの選択の評価のし方を学んだとことだったのだ。
手段の選択として治療法リスクとして起こることを軸に表を作成して○△×で評価をしてみた。。。
やはり一番いい方法は全摘手術―だよ。



そんなころナベ先生が登場。恥ずかしいけど、こんなに悩んでるんだって分かって欲しくて表を見せた。「この選択はナシね」って治療しないの欄をを指して言った。

「どうですか?決心はつきましたか?」チッ、催促かよ…
がん告知以来、センセの告知の時のクールな口ぶりが自分の落ち込みを酷くさせてると被害妄想で先生を苦手になってたから、やや喧嘩口調になってしまった。

「ここは専門病院ではないですよね?年間症例はどのくらいあるのですか?症例が多くていろんなケースに対応できて、同じ病気の仲間の出来る病院の話が聞きたいです。」

「症例は年間10件くらいです。大きな専門病院にいくと三桁はやってるでしょう。他で話を聞いてくるのは全く問題ないですし、自由です。患者さんの権利です。ただ、新しく病院を決めて診察を受けて検査をして手術を待ってる時間はないですよ。
進行が心配です。僕達が急いで検査結果を出したのも手術日を決めたのも分かっていただけるかな。」

「月曜に何とかして予約取るので火曜日までに紹介状下さい。外出届けも下さい。」

「わかりました。用意しておきます。でも出血が心配だから外出の様子は見させてもらいますよ。」


何とかして外出するもんね!


この日はがん発覚後一番よく眠れた。。。ビックリするほど眠れた。疲れてたのだろう。
ただの悪あがきで終わると知らずに~


でも納得しないと手術は受けられない
スポンサーサイト
01:41 | がん告知~手術前日
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。