スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 MAR25 母の気持ち

今日も母と妹が来てくれていた。

日曜日…セカンドの予約の動きは取れない。
病気の本を読みふけっていた。

疲れて昼寝をしている間に妹も本を熟読(乱読者なので読むの速い!)して、治療法について知識を付けてくれていた。
対等の知識で話がしたいって。ありがとう。


夕方、やっと母と2人になることができた。

がん宣告を伝える電話以来話せてなかった母にどうしても伝えたい思いがあった。



手術を拒否して自分がどうなるかわからなくなっても子供が欲しかったこと。

結婚もしてなくて、父親となってくれるパートナーも今いないワタシがなんでまたそんなに子供にこだわるのか、と思われるかもしれないが、



ワタシは母のような母になりたかったのだ



無限に愛情深く、娘のワタシにとって絶対無二の存在。大好きな母のようになるのが目標であった。

やりたい仕事が一段落したこれからやっと本気でその目標に取り掛かろうとしていたところだった。




そんなことより手術受けなさい!、と怒られると思ったが、


母は「わかるよ」って。


「そうだよね、自分で経験したかったよね。
プアを授かったときも産まれたときも嬉しかったもの。かわいくてかわ
いくて本当に嬉しかったもの。だからわかるよ。…でもね、だから失え
ない。絶対にひとりで逝かせない。



ふたりでぼろぼろ泣いてしまった。ワタシは不安と母のことばに感動したのが入り混じって嗚咽して泣いてた。



母をまた泣かせてしまったけど、
ワタシが決して「手術で助かっただけいいじゃん。」ではなくて苦悩の選択をしようとしてるかを知って欲しかった。
家族と言えども「子宮取ってよかったね~助かったモンね~」と軽々しく言って欲しくなかった。




ワタシは自分で心の処理をして、この先周りの人に平気な顔していけるほど頑丈ではないだろう。

自分勝手な振る舞いかと指摘されるかもしれないが、ここで母たちにぶちまけた事で後々とても楽になっている




だけどだけど、諦めなきゃいけない方向にまっすぐ向かっているのは理解している……



理解はしてるけど、納得はしていない。



諦めるためにセカンドオピニオンが必要だ。


ママ、聞いてくれてありがとう。こんな心労与えてごめんなさい。


明日はセカンドの予約、取れるだろうか。。。手術日は今週金曜だ。
スポンサーサイト
18:16 | がん告知~手術前日
comment(4)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。