スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 江原さん直々のスピリチュアルアドバイスは…【前編】

お待たせしました。

江原さんvsプア(笑)の電話カウンセリング報告です。




その前に
前置きを。。



さてさて、TV番組でのスピリチュアルカウンセラーの江原さんとの直接対話は先週無事に終わっていたのですが…


どう記事にしていいものか少し迷っているうちに~
江原さんがらみの問題がニュースに挙がっちゃったりしちゃったので、どうしたものかと考えていました。
↑出演番組が放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会から倫理違反として改善策提出命令を出されたんですと。


この番組を見てなかったので調べてみると~けっこう強引な内容だったようで(まあヤラセですわ)一番の非は制作側にあるのに江原さんアンチ派肯定派で対立したりひと悶着あったようで…
今この話題に触れるのは微妙かなあと思って躊躇してたわけです。





というわけで電話の日から時間が時間が経ってしまったのですが、やはり記録しておくことにしますね。遅くなってすみませんでした。
私が協力させていただいたのはローカル番組とはいえ編集なしの生放送。
一度公共の電波に乗ってしまったものなので全て報告させていただくことにします。
ただワタシ自身は中庸なのでどっち派も擁護する気はありません。
事実とそれによって個人的に感じたことを述べたいと思います。


全会話を書きますが、冒頭の部分はありえない失態により録画出来ておらず、記憶を頼りにしてますのでご了承くださいまし。(江原さん信者に叱責を受けそうな失敗ですな~)また、番組司会者の意見も入っています。
全部録画できてたらyoutubeの利用も考えられたのですがね~~
【前編】電話記録と【後編】感想・考察に分けて地道に打ち込みにてUPします。




では。
すんごい長ーい記事になりますが。。。さらに尾ひれはひれも付いてますがお暇な時にでもお付き合いください。







まず番組放送前日にTV局スタッフより電話あり打ち合わせがありました。
電話のかかってくる時間や会話スタートの合図、TVのヴォリューム設定等の指示がありました。
先日聞かれて伝えてある名前・生年月日の確認もありました。
そこで用件は終わりのようでしたが、ワタシはワタシがどのように紹介されるかを確認しました。
ボード&口頭説明で《・Cさん(仮名)・昨年子宮頸がんの宣告・子宮を摘出・独身でこれからどうしていったらよいでしょうか。結婚できるのでしょうか?》と紹介するとのこと。
やはり主婦向け番組。予想通り女性週刊誌的になっとる~(汗)誰もそんなこと言っとらん!!

ワタシは「なぜ自分ががんで不妊になったのかの霊的アドバイスを受けたいので結婚できるかの不安とかを聞くつもりはありませんから説明を変えてください!!実際それは悩みではありませんから!」と負け犬らしく遠吠えておきました。無駄かもしれないけど。。
(確かに結婚願望ないんですよ、病気してからのワタシってば)
そして若そうなADと思われる電話の相手に個人情報の管理の徹底を釘をさしておきました^^


と、前日にこんなことがありました。






そして当日です。
午前中の生放送番組です。
別に緊張で眠れなかったなんてなかったワタシでしたが、なんだかぐっすり眠っていたようで…

TV局からの電話で起きました。

「TVつけてますか?このあとのCM終わったら出番ですから、よろしくお願いしますね~」

ひええええ。やっちまった。
ほんとに霊視されるなら早起きして部屋を掃除しておこう、とかお化粧くらいと思ったのに~~
とりあえずTVつけるともう江原さんが出てる!
既にBさんがスタジオにてアドバイスを受けてます!!!
ワタシは「Cさん」なので次です!

寝起きパジャマ、顔も洗わず。寝起き声。

そしてワタシのTVはPCテレビ。立ち上げないと録画できません(大汗)


取り急ぎお風呂テレビを持ってきてスイッチオン、PCを立ち上げて(CM入っちゃったよ!)、ベッドメイクして姿勢を正して座って携帯を耳にあてると10秒前カウントしてます(汗)
おっとやばいやばい。





女性アシスタント: 続いての方です。ただいま電話が繋がっています。

    ボード: Cさん 34歳 独身
         昨年子宮頸がんと診断

         子宮全摘手術を受ける
    口頭説明: これからの人生どうしていったらいいか?独身です。結婚できるのでしょうか。
    アレ??若輩AD力なし…il||li orz il||ガッカリ




司会者(以下・司): え~、もしもし。

プア(以下・プ): もしもし。おはようございます(←ホントにだ^^)。宜しくお願いします。


司: お体はどうですか?もう大丈夫なんですか?よくなったのですか?転移とかはしてないのね?

プ: 転移はありませんが、悪性度が高かったので抗がん剤治療もしました。
   …ええ、まあ治療は終わりましたが、5年間はがん患者ですから…経過観察中です。

司: 抗がん剤かー、辛かったでしょう。大変でしたね。

プ: ええ、つらかったですね。大変な経験でした。

司: さてご相談は?

プ: 
がんに罹って手術をして辛い治療をうけてこれからどうなるかも不安で辛いことですが、
私にとっては子宮を失い子供が持てなくなったことが一番つらいことです。
以前に江原さんが「子供は親を選んで産まれてくる」とおっしゃっていたのを聞きました。
どうして私は選ばれなかったのでしょう?…… 
 
(まだ言いかけてたけど江原さんが話し出した。聞きながら江原さんは頷いています)


江原さん(以下・江):
どうして皆さんね、自分で産む子供のことばかりをさすんだろう。
僕はよく言いますが、里子を迎い入れて育てるという道もあると思う。
「○○○の法則」って知ってますか?

プ:
聞いたことあるような気がしますが…
(○○○の法則って録画し損ねて思い出せません!!!江原さんがほんとにジーっとワタシを見つめてるみたいな初のTV電話にビビッてつい、知ったかぶりしました。今どう思い出しても今まで本で読んだ知ってる法則の中になかった言葉だったような気がしています。。反省。どなたか知りませんか~??)

江: それですよ。社会にいる子をみんなで育てようという考えです。
自分で産んだ子だけがあなたの子じゃないですよ。
里子とか別の形でも縁があって理由があってやってくるんです。そういった形でも親を選ぶんですよ。
だからね、こだわることはないと思う。

プ: はあ…


---ここで録画スイッチやっと押せました(汗)話し聞きながらリモコン弄ってたという。。---


江:
で!あなたは病気のこと凄く大変だと思う。でもね、それで学んだことがあるの。“病気に対する優しさ”。

プ: はい。

江:
そしてあなたは人に対して頼るということを覚えたはず。あなたは元来、人に頼ると言うことが大っ嫌いなはずなの。どうですか?

プ: はい。大嫌いです。

江: でしょ?でそれでいて人に頭下げるのも大嫌いですよね?

プ: ……はい。

江: その分あなたは努力家。違います?

プ: 努力家かどうかはわかりませんが…。

江:
うん(笑)、自分で言うのはね!
でも、努力すればいいんだ。ようするにちょっとでも努力が足んない人を見るとすぐに気持ちの中であなたは裁いてた人なの、今まで。

プ: あ~…

江:
「だめだこの人!弱い!」とか、「なまけもの」とか。
そこまで酷くないにしてもそういうことはなかったですか?

プ: ……(人に対して)なぜ全力を尽くさないんだっていうことは思ったことはあり…(遮られる

江: そこでね、あなたは体のことは病気で、病気で本領を発揮できなかったじゃない?

プ: はい。

江: 人もそれこそ五体満足に見えてもなかなか思うように動けない人っているんですよ。

プ: はい。

江: 心っていう意味でも。

プ: はい。

江: そういう人の気持ちが分かったはずなの。

プ: はい(声小さい)。

江: それと、「お願いします」って人に頼ることも覚えたはずなの、あなたの場合は。

プ: はい、そうですね。

江: そこで、あなたは悔しいと思っちゃいけないの。人と人は支えあうものなんですよ。

プ: はい…

江:
でいて、言葉がちょっとあの~そんな意地悪なことを言うわけじゃなくてね、
あなたは今へんな、その、生易しいこと言われるの嫌だと思うの。さっぱりした人だから。

プ: フフッ(笑)

江: それでね、どうしてあなたがね、婦人科の病をしたか…

プ: はい。

江: あのね、母性の学びがそこあるの。

プ: あっ。

江: 母性って言うのはね、何でも寛大に受け入れるっていうことなの。

プ: はい。

江: 
それまでのあなたは、自分の生まれ育った家族も含めて色んな意味で苦労の多い家だったじゃない?

プ: うーん……

江: 親御さんも努力努力努力で来た人じゃない?

プ: …そうでしょうか??まあ、はい。

江: だからね、みんなで裁き合っちゃう家族なところがあるの。

プ: はい。

江: ゆるみがないの。

プ: はあ。

江:
だから、みんなで点数付け合ってるみたいな感じ。お父さん何点、お母さん何点、今日の子供は何点、そんな感じ。


司:
あのね、あの~、今ね、産科のお医者さんが非常に寂しく嘆いていることがあるんですよ。

プ: はい

司:
それはなぜかと言うと、「赤ちゃん誕生しましたよ!元気な赤ちゃんですよ!」と取り上げたときにベッドのお母さんが喜ばないということなんですよ。

プ: はあ、信じられないですね。

司:
出来ちゃった結婚だから。
あなたはね、あなたのような人は涙を流して喜びそうな人だよね。赤ちゃん取り上げる時は。
これがね、どうもね、世の中ってものはね、こういうもんなんだなってことがね…
私もね、人生で色んなこと感じますよ。

プ: はい…

司:
あなたもね、感じるように、「この女性が子供を生んで育てたらいい子供になるんだろうなー!」って方に子供がいなかったり、仕事に夢中になってたりね。
「この人は今子供を産まないほうがいいのにな~」って女性が産んじゃったりさ。
そういうときでもあるんだよ、今。
だから、あなたのような方はねあなただけじゃなくてね、結構いるんだよ…

江:
(遮って)ごめんなさい。それでね、子育てってのはね、ある意味でボランティアでしょう?

プ: はい。

江: 
子供を持つっていうのはどうしても自分が産んだ子じゃなきゃだめだとかってね、どうしても(自分で産んだ子が)持てなかったってね、持てなかったにこだわるかってね、どうしても子供に面倒看てもらうとかっていう依存にいっちゃう親が多いの、世の中。

プ: はい。

江: でも、子を持つのが全てじゃない。持つ人生もあれば持たない人生もある。

プ: はい。

江: あとね、社員とか仕事をしててね、部下とかそういう子供を育てる人もいるんですよ。

プ: はい。

江: それも同じなの。

プ: はい。

江: 
それでただ、僕はあなたに理解してもらいたいのはね、そこで結婚とかまで諦めてもらったら困るの。

プ: はあ。

江:
あのね、みんな子供が欲しいとかみんな子供がいなくちゃ困るとかいう夫とは限らないんですよ。まして、私にはこれだけ申し上げるんだけど、あなたにはね、結婚をして、ね、そういうご主人に巡り逢って結婚をしていく姿があるの。

プ: そうですか?

江: あなたの中で諦めて切っちゃうのが嫌なの(笑)。

プ: はい…。諦めたってわけではないんですけども…ね。

江: 
あなたの悪い癖、はっきりこれだけ覚えておいて。(人差し指を立てて前後に振っています)
すぐ裁くの!
自分も人も。

プ: はい。

江: もうダメなんだとか、ムリなんだとか、自分はもう正常じゃないんだ、とか…

プ: はい。

江: 
直ぐそっちに行っちゃう。
それでーーー、あなたはホントに大変だと思うんだけど、治療もしてて大変だと思うけど、克服できるはずなの。

プ: はい…

江:
だから!希望を持たないとダメ。
人間は夢持たないとね、自分で乗り越えて行けなくなっちゃうの。
自分で自分を自虐的になっちゃうから。

プ: はい。

江:
あなたは人とそうやって愛し合っていける人ですよ。
ただあなたは人と愛し合っていくことが苦手だと思い込んでるからね。

プ: ああ、そういうところはありますね。

江: 
でしょ、病気関係なくても。
あなたはそんなことない、あなたのその心は自分できつくて嫌なところがあるって自覚してるようだけど、あなたはまじめなちゃんと立派な人なの(笑顔)。

プ: そうでしょう…か…(遮られる。。。)

司:
あなたは命の重さをね、命の重さを十分知りましたね。
ひとつ諦めることによって、ひとつあなたの命を助けるということだったわけですよ。

江: そう、そう。(頭を振って深く頷く)

司:
あなたの命が一番大事だという判断をしたわけですよ。
みんなが。そうでしょ?

プ: はい。

司:
それであなたはひとつ失った。
でもひとつ失ったら必ずひとつ与えられるんですよ。

江: そう、そうなの。ほんとそのとおり。

司: 
つまりそういうことなんだな。ずばりあなたが一生懸命、これからの与えられた命を大事に生きていこうとしたときにね……(江原さんが被る)

江:
でもあなた、立派ですね、社会の幸せを凄く考える人なのね。
だからみんなが幸せになれる方法をいつも考えているでしょう。

プ: …そうですね、でもそこまで~(遮られる)

江:
あなたは全てを乗り越えた後に…あ、ごめんね(被って)。全て乗り越えた後にあなたが色んな社会活動をしていくのが見えんの。夫と共に。

プ: ええ~、そうなんでしょうか??

江: 
そうだよー。だからあなたという人がこの世の中にはとても必要としていて、だからあなたは不必要な人ではありませんよ(チラっと目をそらす←そろそろ時間かなあ~?ADの指示を見た??そして直ぐニコッ)。

プ:
あ、ありがとうございます。
では、これが私の与えられた学び、というか魂の学びですか?

江:
そう、そのとおりです。
でね、みんなね、自分以外の人はね、みんな良いように見えるかもしれないけど、みーんなこの世で十字架を背負ってない人はいません。(手を横に振る)
表面で判んないだけ。

司:
確かにね、江原さんね、人間ってひとつ失い、ひとつ犠牲にして生きているのが現実なんですよ。

江: ほんとにね、そう思いますよ。

司: だけどそこで生きなくちゃいけない、そこに生きなくちゃいけないというところで、生きていると別な喜びがあるんですよ、生まれるんですよ。
だからみんな、ひとつ失いふたつ失い、ひとつ犠牲にしふたつ犠牲にして生きてるんですよ。

江:
こんな可愛くみえる○○さん(女性アシスタント←この局の女子アナです)だって悩み抱えてるはずだし、色々あるはず。
で、□□さん(男性司会者)だって私だって、△△さん(江原さんと親交のあるというこの局のリポーター)だってみんなあるの。そんなもんなの。
でも自分だけ見ちゃうとね。分かんなくなっちゃうから……。
みんな一緒。

プ: はい。

司: 
あなたは命助かったんだから、ね、助かったんだからあなたが他にすべきことは他にある、ということですね。

リポーター(いきなり): 明るいところがちょっと見えてきましたかね。。。

プ: はい。

アシスタント: 気持ち、楽になりましたか??

プ: はい(少しね…)。ありがとうございました。

司: 
はい、ね、あなたの自然のまま生きていくといいんじゃないかな!!
そう思いますよ。

~CMに入る音楽~

アシスタント: ありがとうございましたー。
(出演者全員頭を下げる)






例のADさんが電話に出て
「以上で終了です~。ご協力ありがとうございました!!無事に終わりました。
お電話で出演の方には記念品をお送りしていますのでご住所を伺いますね、え、えと後でかけなおしまーす。ありがとうございました~。」

ワタシ「お疲れ様でした~」

ガチャッ





と、まあ、こんな感じでした。
まったくの口語なので読みにくいこともあるでしょうが、録画から起こしたものですのでご承知おきくだされ。

ワタシ、『はい。』しか言ってないじゃ~~ん(笑)。
意見する隙を貰えませんでした。ってこれは江原さんのお言葉を頂戴する企画なのでしょうがないです。
そういう企画という名の戦法なのかも。。。反論させないって。。。???
それにワタシという人物を怖い人だと思ったでしょうね~~(真相はいかに)




感想・考察は【後編】にて。
長々とお付き合いありがとうございました!










ランキング参加しています↓江原さん曰くさっぱりしてるワタシですが、よろしくデス


にほんブログ村 病気ブログへ










スポンサーサイト
02:54 | 遠吠え
comment(14)     trackback(0)
comments
う~む・・・。
「自分を含めて人を裁く」みたいなところ、わたし、あるかもしれないな~って思いました。
ちょうど母親に対して怒っていたところなので、ちょっとハッとしました(・・;)

でも、たとえば、友達の子供に、自分の子供にできなかったことをしたいと思ったりしますけど、
それで不妊の苦しみが薄らぐかと言うと別の問題な気がします。
それに、部下を育てることと、自分の子供を育てることは根本的に違うような気も・・・(・・;) 
だって、部下の教育に関して言えば、そこに必要なのは「母性」ではないですよね??(あれ、わたし、ひねくれてますかね?・・・汗)
そんな風にとらえてしまうわたしは、まだ「学び」が足りない、ということかなー(^^;)

プアさんの感想、楽しみにしてます☆
詳細な記事にしてくださって、本当にありがとうございました!!
(時間かかりましたよね・・・感謝です!)
2008/01/23 11:26 | | edit posted by すみ
おもしろかったよ
口語だから、いつもの江原さんが浮かんできて、とてもリアルに読めたよ。
時間の関係、企画上の問題もあるにだろうけど、確かにプアちゃんの言葉がことごとくさえぎられているのが気になった。

「・・・・じゃない?」「でしょ」って振って肯定させて、本当にプアちゃんが見えてるの?
ねぇプアちゃん本当に当ってると思うの?って印象を受けました。

私も自分の子供は持てなかった。
でも今は、夫の子を二人育てている。
人生いろんなことがあり、いろんな形があるのは分かってる
でも、私は親になった後にがんになった
同時にふたつもなった
私にはどんな話をして聞かせてくれるんだろうね?

何を学ぶためだったんだろう・・・・興味の有るところです^^

後編も楽しみにしてるねv-218
2008/01/23 12:22 | | edit posted by himiko
良かったぁ~
なんと、その日は朝寝して起きたら不登校の子の話やってた・・・
(ホントの最後の話じゃんねぇ)
興味あったからプアちゃんUPしてくれるの待ってたのよぉ~

面白い!プアちゃんが「はい」しか言えなかったのは、おいといて(笑)
アクティブなプアちゃんのこと、素敵な伴侶と社会活動は
ありえる話だし、素敵~と思った!
himiちゃんだって、どれほどの人間に勇気と希望を与えてるか
気づけっ!病気が家族の絆を強くしたってこともあるし・・・

プアちゃんが長いこと病気で休職してても、また受け入れてもらえるほどの
才能があって、たぶんお金に困らない程度の貯蓄もあって
行動力もある!
努力の賜と言いたい所でしょうが、努力しても報われない人もいる!
信じる信じないはそれぞれにお任せするとして
病気を克服できるってことと、伴侶出現は喜ばしいことなので
あたしは信じてプアちゃんの未来に期待してます!

※のりさんのコメ邪魔だわ・・・(のりさん、ごめ~ん)
2008/01/23 17:35 | | edit posted by パール
う~ん
ぷあちゃん、すっごくなんだか、テレビを見ているように読めたよ。でも、私もhimiちゃんと一緒で、ぷあちゃんは、どう思ったんだろう??って感想がすごく気になる。確かに江原さんの番組なのかもしれないけど、ぷあちゃんの言葉遮ってるし、もうちょっと話させろよぉって感じちゃったの。でもでも、旦那と一緒の姿が見える。これて、ワクワクするねっ。今からの出会いが楽しみだぁv-10
2008/01/23 18:48 | | edit posted by pepe
羨ましいかも・・・
プアさん
記事、待ってました~。江原さんと話せるなんて羨ましい・・
とミーハーな私です♪
旦那さんと色んな社会活動かぁ!プアさんらしい気がします。
あー、私にも「夫」が見えると言って欲しいです☆

先日、メールしようと思ったらどうしても送れなかったの。ご報告ですが。
2008/01/23 20:06 | | edit posted by poporo
おつかれさまでした。
ふかーく、ふかーく…頷いてしまいました。私。
私も、家族も似てるんですよね。「人を裁く」という部分。

むむむ…です。v-12
2008/01/23 22:51 | | edit posted by もねみん
おつかれさま
スター☆プアさん☆ほんまリアルに読めたわ♪
読みやすかったよ~♪プアさんの感想が楽しみ♪
プアさん自身のことは当たってるのかどうなのかは本人の知るところだろうけど、将来の読みはありがたいお言葉だねぇ♥
子どものことは一般論だよねぇ。
すり替えられたな・・・ってなカンジを受けますが。。。
ま、次読みに行くワァ~♪
あ、寝坊するとこがかなりウケましたv-18
2008/01/24 00:40 | | edit posted by しじみ
ひねくれてるといえばひねくれていて、そうでないといえばそうでない、かな?
「裁く」って厳しい言葉で踊らされているような気もするんですけどね~^^人に対して厳しく判断したことのあるひとなら誰でも思い当たるように思います。

別に江原さんの肩をもつわけでないですが、彼の言うにはは不妊の苦しみを和らげるためによその子の育成を手伝えっていうのではないんじゃないでしょうか。不妊の寂しさを拭う方法は示唆してくれませんでしたよ。
子供&社会とどう関わるかという点でのアドバイスでしょうね。
部下の育成については実子を愛しみ育てる母性ではないですよね。家庭では教えられない教育をしてあげるという役割でしょうか?女性上司ならではの愛情を持った育成をさしてるのかもしれませんね。

当人のことは当人にしかわからないのだから、こうしていくら有名なアドバイザーに言われても考えが違うからってひねくれてると思わなくてはいいのではないでしょうか。
相談事するときって、自分がほしい答えはもう自分で出してしまってることが多いですよね。相手がそれと反対のことを指摘してくるからアレって思っちゃうのかな。
すみさんはご自分の心のままにいってくださいね!私もそうします。

2008/02/05 01:55 | | edit posted by プア◆すみさん
面白かったですか~^^??
ほんとは映像で見ていただけたらよかったのだけど、なにしろ寝坊小僧なもので…失礼しました。

私に話させないのは打ち合わせからっていうかそういうことに決まってたんでしょうね。一般人の悩みでしかもローカル局ですよ、まともに話をできるとは期待してませんでしたよ!

後編の感想にも書いたけど、何が学びかは生の真っ最中の私たちにはわからないと思うんだ。これかもしれない、あれかもしれないって模索してそのたびに一番いい答えを探して生きていくんだと思うんだ。だから今学びのテーマが分かったらつまんないよ。それだけやったら幸せになるかって手を抜いちゃいそうだもの。

話してる途中からそして話し終わった後も客観的な私です。冷たいかな?
2008/02/05 02:02 | | edit posted by プア◆himiちゃん
惜しいっ!あと20分早ければ…
残念でした~。朝寝してくれて有難う。生放送聞かれてたら恥ずかしかったですよーー。

>素敵な伴侶と社会活動は
これに対しての感想は後編に書いたので見てくださいね。

私のことをそんないい感じにみててくださったのですね~??有難うございます。
そんなんじゃないですよ。仕事に戻れるのは代わりが沢山いるひとコマだからです。私じゃなければいけないっていうことじゃないから気楽ではあるけど、寂しさもあります。
病欠できるうちはせっかくだから出来るだけ長く休んで(笑)恩恵にあずかろうと思います^^

のりさんの励ましは嬉しかったですよ。江原さんみたく型にはまってなくて。

2008/02/05 02:11 | | edit posted by プア◆パールさん
読み難かったでしょ。。
pepeさん、ありがとう。
感想は次の記事にあげたとおりですよ。客観的でしょ。可愛くないね。

旦那か~あ。
誰なんだろ??もうこの世にいるってことよね(そんな年の差はヤバイね^^)??もう会ってるかもしれないし、これからどこかで会うのかも・・・
ほんとだったらね~
2008/02/05 02:15 | | edit posted by プア◆pepeさん
ミーハーなら
もっとステキなイケメンにしたら~^^

ほんとに見えてるのか分からないのだけどね。感想に詳しくは書いてます。
旦那出現予言に惑わされないで私らしく自分で生計立てれるよう頑張っていこうと思ってますよ^^

2008/02/05 02:20 | | edit posted by プア◆poporoさん
「裁く」キーワード
結構グサっときましたが、実際はほとんどの人が図星に感じたりして。。。。
人にたいしてダメだしをだしたことある人ならわかりますよね。
そのときは別に偉いつもりはないですよね。でも自分が裁かれたら頭にくるんだろうなあ。実は人間関係の基礎のひとつかもですね。
2008/02/05 02:24 | | edit posted by プア◆もねみんさん
読みやすかったって??
読み難かったでしょう?スクロール多いの苦手で詰めて書いちゃうくせがあります。。

当たってたかは本人に会ってみてどう思われたのでしょう~?フフ。
子供のこと不妊のことはほんとに一般論。誰にたいしても正論でしょう。
私の業(これってカルマの訳にあたるんだね)の重いことに注目されてしまいましたね。悔しいですよ(笑)

寝坊…ありえないことやっちゃうんだよねえ~
度胸&はったりには自信があります。ハハ。
2008/02/05 02:30 | | edit posted by プア◆しじみさん
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/110-dcca7c7b
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。