スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 『子宮会議』リーディングセッションin札幌(号泣付)

2月9日(土)札幌の街は雪まつりで大賑わい。

バスが通る北一条通から大通公園方面を振り返ると、白い雪の壁に黒いベルトの如く人が流れています。

そんな日の札幌に我らが子宮頸がん患者のアイドル、ヨーリーこと洞口依子さんが舞い降りました。


後でレポする市民フォーラム【ここまで進んだ女性のがんの診断と治療】のゲストとして
著書『子宮会議』を朗読してくださったのです。

洞口さんと一緒にいらっしゃったファルコンさんのギターの切ない音色に乗って

洞口さんの口から『子宮会議』が紡ぎだされます。。。

文字で感じるのと音声で感じるのとは違いますね。。。

洞口さんの女らしいけど地に足の着いたしっかりした声が胸に響きます。


ワタシは舞台の上の美しい洞口さん、赤いワンピが似合いすぎなステキな彼女を見つめていたいけど涙が出て出て見れませんでした。

ただハンカチタオルで流れてくる涙を押さえ、頬を伝う涙を拭うので精一杯でした。

あとはただ集中して聞きました。

言葉ひとつひとつをワタシの心に染み込ませながら。。。


走馬灯のようでした。


もうすぐ一年経つんだ。

去年の3月、同じように【なんで??】の嵐の毎日を過ごし、

どん底にいたワタシ。

全ての場面が自分にリンクします。

あんな辛いこと、ない。







もう結構大丈夫かなと、元気な自分を褒めれる時もあるくらいだけど

こうやって涙で浄化したいと思ってた。

実はずっと思ってた。





ワタシは告知から手術までがあまりに速かったから、

しっかりと落ち込みまくる時間が曖昧だったと気づいてはいました。

でも手術後は排尿訓練やらで忙しく、その後の追加化学療法でもずっと気を張っていくしかなかったのです。

無理に前向きにもっていこうとしていました。

家族と住んでいるとあんまり暗くもしてられないし、ご飯も食べなくちゃいけないし。。。






この日、泣けてよかったです!

もっと泣きたいんです、ほんとは。






この会には母と一緒に行ったのですが、

隣でもグスグスとティッシュを取り出して目頭を押さえている母がいました。

後で聞いたら、やはり一年前のことがリアルに思い出せたそうです。






洞口さん、

リーディングセッションの素晴らしくステキな時間を有難うございました。

きっかけを有難うございました。




ワタシも貴女のように、オンナのモノを失って…から自分が女であることを余計に意識できています。

全ての人は子宮から生まれるのですものね。

みんなに優しくしたいです。

ワタシもしっかりと自分と向き合って、進んでいこうと思います。








講演会終了後まで洞口さんが残ってくださってるとは予想外でした。

直筆サインの入った『子宮会議』は始まる前に購入していたのですが、

握手をしていただけないかと列に並びました。


間近で見るヨーリー、キレイ

昔から思ってましたが、本当にい~い雰囲気のある女優さんですね。

折れそうな手首に目が行ってしまいました。。。


最後のほうに並んだワタシの番が来て

サインのところにワタシの名前を入れていただき…

ずうずうしくも自己紹介させていただきました^^




すると…


「アッ…!(困惑気味)……(やや噴出し気味に)アハハー

こぼれた白い歯を手で覆って笑ってくださいました。

「会えましたね!」

そう言ってくださったんですよ!

感激です^^





ワタシが何を告げたかというと……

実はワタシ、『子宮会議』はまだ買ってなかったんですね。

理由は↓
コチラのコメント欄をご覧下さい




ね!?
意地っ張りでしょ、ワタシ^^

もちろん今はそんなことは思ってないのですが。。。
当時は私も治療中で脱毛直前で心アンバランスだったしね(言い訳)。



以前『子宮会議』を買わずに立ち読みしてたことを記事に書いたら
なんと洞口さんよりコメントいただいたことがありまして……


びっくりして困惑したのはこちらの方で、というわけなんですが(笑)






これこれしかじか【立ち読みした者です】と名乗ってきちゃったのです~

ご本人の目の前で本を買って大事にすることを宣言してきたわけですよ。

おバカなワタシ…



でも笑ってくれてよかったです♪

ワタシは人を笑わせることが大好きなんです。

やっぱり泣いてはいられないかな(笑)?




「がんばりましょうねっ!!」

とも、おっしゃってくださいました。


ワタシはそれにお返事をしたかったし、洞口さんにもエールを送りたかったのですが、


なんと、トイレに行っていたはずのうちの母がいつの間にか背後に…

そんでもって「まだ一年経ってないんですよ~ォホホ」

なんて割って介入してきた!!!



いいときに出テクルナーー


なんだか慌てて握手もそこそこに退散してしまいました。。。後ろも閊えていたしね。。

ううっ、ちょっと心残りです。。


今思うと写真もお願いできるチャンスもあったかもしれないのだけど、

なんだかきっとまたお会いできるような気がしてならないのです。

だからそのときまでとっておきます^^



洞口さん、北海道に来てくださってありがとうございました。

ワタシの他にも救われた人がきっと沢山います。

ずっと応援していますよ。

お忙しいでしょうがお身体ご自愛くださいね。

ご活躍を楽しみにしています。


子宮会議☆







会場では撮影禁止だったのでリーディングセッションの模様は取材できず。。
↓どんだけヨーリーが可愛かったかは
ご本人のブログでどうぞ!(ホントはトラバさせていただきたいですが。。)






ランキング参加しています↓よろしくデス


にほんブログ村 病気ブログへ




スポンサーサイト
03:42 | 遠吠え
comment(17)     trackback(0)
comments
今度は涙です。
こっちの記事は読みながら涙が出ちゃいました。
うぅぅe-263
何も言葉がでてきません。
洞子さんにお会いできて良かったですね。
2008/02/14 13:38 | | edit posted by poporo
プアさん こんばんは。
洞口さんと交わされた言葉やその反応の理由がやっと分かりました(^_^) 「逢えましたね」ってお返事が聞けてよかったですね。誠実な方で感激しました。

「泣きたかったほんとは」って、文字を見たときドキッとしました。
ほんとは、泣きたかったし、駄々もこねてみたかった。当り散らしてもみたかったし、仕事も放棄したかった。結局こんな時でさえ、どれもできずじまい(-_-;)
ときおり不意に流れる涙が浄化してくれたような気がします。
泣いて浄化されたいです…。でも、笑って生活したいんですよねぇ(笑)
2008/02/15 00:04 | | edit posted by moto
プアちゃん、よかったね。

・・・で、なきたいのはみんな一緒なんだね。
私はずっと・・・もう何年も涙を封印してたんだ。
だから素直に泣けない。
でもあるきっかけで少し涙が流せるようになってきたの。
これからは素直に自分の心と向き合って
その場その場で感情をきちんと整理していければいいなと思ってます。
2008/02/15 21:41 | | edit posted by ihatov
ううっ
。+.。゚:;。+゚(ノд・。)゚+。::゚。:.゚。+。 ううっ
ウルウルしたわん。
よかったぁ~ご対面できて☆
やっぱりなかなか泣くことは難しいよねぇ。
私もおかげさまで素直に涙を流すことができて
感謝の『子宮会議リーディング』でした。
きっと、このキモチをわかってもらうためにも
このリーディングを続けてほしいです。
この同じ病を患った人々への癒しにもなると思うよね。
ほんとに活字とはまた違った、リアルな(私たちにとっては?)
場景?が・・・
お近くにヨーリーがいらっしゃったらぜひ皆様お出かけくださいませ☆
女性だけでなく男性もぜひに☆
2008/02/15 22:39 | | edit posted by しじみ
プアちゃん ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
私は依子さんの本のことも知っていたけど
何処かで避けていたところがあって・・・・
私も病気のことで泣いたことが1度しかないんだぁ
やっぱり周りの人まで悲しみに巻き込みそうで怖くてさ
とにかく笑っていようって思ってきたんだなぁ
もう1年も経ってしまって心も元気になって悲しくもならなくなったし
読んでみようかな「子宮会議」。
依子さんとの再会?wよかったねっ!
いっぱい伝わってきましたよん ありがとう。
2008/02/16 09:06 | | edit posted by yuika
逢えて良かったね!
昨夜「子宮会議」を読みました。
呼んだら止らなくて一気に読んじゃいました。
わたしは、現在乳がんが進行しているのでどうしてもそちらに目が向いてしまいます。
でも、LwCで子宮がんの若い方々と知り合って改めて考える機会が増えました。
ヨーリーはホントに素敵な女性ですね。
だけど、どうして!?もっと早く!早く!と本に向って叫んでるわたしがいました。
それだけに正直悲しかったです。
9月9日の記事も読ませて頂きました。
プアちゃん、わたしのように子宮がなくても、おっぱいが減っても女は女です。
ずっと、ずっと最後まで女として輝いていたいと思います。
プアちゃんも頑張って!!
きっとプアちゃんなら素敵に輝けます。
2008/02/16 15:14 | | edit posted by coo
プアちゃん ほんとにほんとに良かったね^^
生ヨーリーに会えて・・・
私もいつかヨーリーと一緒に号泣したいよ~
時々ふっと悲しくなって、ジメジメ泣いてしまうのだけど・・・
京都オフのこと思い出して
みんなと繋がってるんだって言い聞かせて
気持ちの整理をしています。
ヨーリーが近くに来てくれたらいいのになぁ~
プアちゃん
>会えましたね
って、ほんとに良かったね^^v

2008/02/16 16:53 | | edit posted by はてな
止まらなかったんですよね・・・
泣くのもデトックスです^^
ありがとう、poporoさん。
2008/02/20 20:23 | | edit posted by プア◆poporoさん
へへ(*^^*)
わかりました?
ほんとに誠実なお方です。うれしいですよね。

私は手術前と抗がん剤前は当たり散らしてましたが、治療が始まるとピタっとおとなしくなってました。もっと暴れたかった(どんだけ~)んですよね。。
motoさんはすごいですよね。ご自分で気持を処理してる。尊敬します。でもたまには発散して涙思いっきり流して浄化してくださいね。
2008/02/20 20:28 | | edit posted by プア◆motoさん
泣けない
のも素直な自分なのだし、ihatovさんのおっしゃるようにその時々での自分に正直に向き合って整理できればいいですよね。
でも、大粒の涙流して目を顔を腫らして泣くのもスッキリするものです。涙からも老廃物出そうな気もするし。
ihatovさんらしくデトックスしていってくださいね。

この会の告知をありがとうございました。おかげでいい時間を持てました!
2008/02/20 20:33 | | edit posted by プア◆ihatovさん
全国各地で
このリーディングセッションが行われるといいですよね!
患者の私たちには癒しと初心を忘れないために、他の女性のみなさんにはがん検診促進啓蒙のために。

素直になくにはひとりでじっくり泣きたい。なかなかそんなチャンスはないのだけど…「ご飯よー」「お風呂どーするのー?」とか邪魔されるし(笑)


2008/02/20 20:43 | | edit posted by プア◆しじみん
すごいなあ
yuikaさんもご自分の中で消化してきたんですね。尊敬します。
家族や周りへの気遣いも考えますよね…私はyuikaさんに比べれば甘ちゃんです。きっと元気に復活する自分も見えていたけど、
平気でがんを乗り越える強い奴と思われたくなかったのです。あとできつくなりそうで。。。
それでもまだ泣き足りないです。
「子宮会議」よかったら読んでみてください^^
2008/02/20 20:52 | | edit posted by プア◆yuikaさん
ありがとうございます
読んでくださったのですね。。
cooさん、ご自分のことでも大変な中なのに興味をもってくださって恐縮です。
どこも欠けてない時より今の方が女としての自分について考える機会が増えました。体の変化も行き場所のない母性の行方についても。
私もcooさんを見習って女性としてきちんと生きていきたいと思います^^
来月初めて乳腺外来に行きます。自己管理ね!
2008/02/20 21:01 | | edit posted by プア◆cooさん
そちらにも
ヨーリーが来てくださるといいですね^^
静岡に子宮頸がんの患者会の大きな会があるように思うのですが。。。なにか動きはないのかしら。

私もふと悲しくなるときたくさんあります。他人やものを受けてスイッチ入ったり、自分の中で急に湧きあがったり。。。
涙腺のコントロールは上手くなりましたがね^^

>みんなと繋がってるんだって
そうだよね!みんないてくれるものね!はてなさん、ありがとう。



2008/02/20 21:08 | | edit posted by プア◆はてなさん
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん
会えて本当に嬉しかったです。
可愛い女性には格別に!
はにかんだ笑顔がちらりとでも観られたこと。
パワーをもらえました。
お母様にもよろしくお伝えください。
此のたびは
本当に参加してくださってありがとうございました。
子宮会議。思い切って書いてよかったです。
そして、それをリーディングセッションというカタチで
女優なりの表現が出来る今を
感謝してます。
季節の節目です。
お身体ご自愛なさってくださいね。
2008/02/28 22:43 | | edit posted by よーリー
わぁ~再びのコメントをありがとうございます!
本当に札幌に来てくださってありがとうございました。
私達、子宮頸がん患者はよーりーさんの勇気を尊敬し、応援しています。
これからもお元気な姿をみせてください。
リーディングセッションも続けていただきたく願います。

思い切って話しかけさせていただいてよかったです。
ありがとうございました。
お仕事お忙しいと思いますが、よーりーさんこそお身体にご自愛くださいね。




2008/03/07 01:36 | | edit posted by プア◆よーりー様
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/22 13:03 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/120-b11cadfb
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。