スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 医療費控除申請ならず…とワタシの保険

さて、確定申告の期間はまもなく終了しますが、
時期的にこの期間にお金のお話でも。。。


闘病記がいまだ抜け抜けなので治療費のことはまだ一度も書いてませんでした。

もちろん確定申告にて医療費控除の申請をするものだと思って領収書を逐一整理してきていました。

当然去年一番費用が掛かった病気、子宮頸がんでの総治療費は

1,112,080円

でした。




3月~8月の東京と札幌での入院、検査、手術、投薬とその後の通院ですね。
ワタシは個室を使用したのは抗がん剤の最後の入院の一週間だけですので安上がりかもしれません。(しかも、一日5千円と安かったですし。)

これに纏わる交通費と雑費で
51,214円
でした。

堂々の医療費10万円超えですので控除申請対象ですが、
民間の保険給付金と会社からの見舞金が出ているのでそれを差し引きすると黒字……

ということでお国にはお金ちょーだいとは言えないそうです。


しかし、子宮頸がん以外で掛かった医療費が10万円超えしていると控除申請できます。

去年一年でその他、吹き出物で皮膚科、指詰め未遂で外科、風邪で耳鼻咽喉科、リンパ浮腫外来、インフルエンザ注射、弾スト代・・・で…

85,570円

でした。

お、おしい(笑)。

ということで今年は申請ならずです。
来年はきっと申請あるだろうな~。。。。。





ついでにこれも書いていなかった保険のお話。
ただの事実です。自慢とかではありません。

ワタシはがんの治療費で上記の支払いをしましたが、
給付金諸々で結果黒字でした。
実はけっこう大きな黒字でした。


たまたま入っていた保険のお陰です。

がんの保障がついているのは手術が決まってから分かったくらいです。


両親がワタシが10代の時から医療保険とかに入れていて、状況に応じて種類を変えたりしていたようです。
職業としてちょっと怪我をしやすい危険な類の肉体労働の職を選んだワタシに彼らは
高度障害保険というのを掛けていました。

身体に障害を負ってしまったときに大きな給付金が出るというものです。
職場で何かあったときに労災騒ぎにするのも限度があるし、労災認定が出ないかもしれないということを自営業の彼らは良く知っていました。
彼ら亡き後、障害をもったワタシが生きていけるようにそのような保険に入れてくれていました。
(ワタシが3年前に職場で骨折をしたときは労災認定されたんですけどね、時と場合によるようです。)

もちろん、月々の掛け金の支払いはワタシですよ。
15,000円強/月です。
高くて痛い出費に、いつ保険見直そうかと毎月思ってました。

その保険には死亡保障があることは知ってましたが、
がん保障もついていたのです。

手術の前日に分かったくらいです。
目的は高度障害だから母も忘れていたようです。

掛け金が高いだけあってがん保障も想像より手厚いものでした。
通院保障は安いのですけどね。がんと診断時に一時金、とかあったりして。。。
若くして加入していたのでもしかしたら元をとったたけなのかもしれませんけど…
詳しく計算してないのでわかりませんが。


自分ががんになるなんてこれっぽっちも思ってなかったので
職業が違っていたらこんな保険には勿論入ってないでしょうし、
がん保険さえ入っていたか分かりません。
せめて最低限の医療保険とか郵便局の養老保険とかだったでしょう。
両親の賢い選択に感謝しています。
他の保険に暫く入れない私はこの高い保険料を支払い続けていかなければならないのですけどね。

不幸中の幸いというか、なんというか、こんなこともあるんだなあと実感したケースでした。


そして会社からは
健康保険組合から高額医療費の還付があり、
共済会からも入院給付金や傷病見舞金ももらいました。
給料天引きの共済会費という掛け金を掛けていたようなもんだなとこのたび感じましたよ。




そんなこんなで今、実家に食費と光熱費を入れて、
旅行に行ったりたまにお買い物したり出来ているわけで。




大きな病気をするといろんな不安が付きまといます。
下世話ですけど、お金の心配は少ないほうがそりゃあストレスは減ります。
誰かに負担を掛けずに自分で治療費を払えているということも気持ち的に楽です。




健康な方でがん保険に入ろうか迷っている方がいらっしゃったら・・・
入らなくても大丈夫!
なんて決して言えません。
でも、入っていたら~と思うこともあるかもしれませんよ。


ま、病気しないのが一番なんですけどね~^^








ランキング参加しています↓よろしくデス


にほんブログ村 病気ブログへ















スポンサーサイト
22:50 | がんにまつわるエトセトラ
comment(2)     trackback(0)
comments
保険があってラッキー
私も病気がわかってまずしたことは保険内容の確認。
といっても証書をよんでもわからない、第一どこにいくら
かけているかも定かではなく・・・とにかくお金がどれだけ
いるのか心配だったしね。で、ちょっと、ほっ。
「いままでの掛け金、きっちり取り返させていただきます。」
と言ったら、保険会社の人、絶句していました。

でもね、車を買い換える羽目になって(傷が痛くて乗り降りしやすい車に)、黒字は全てつぎ込みました。ぐすん。海外旅行に
行きたかったよ~。とはいえ、浮腫があるから、まだ無理か・・・
2008/03/12 22:16 | | edit posted by メアリーアン
まさか保険の
お世話になるとは思いもよらなかったですよ~。掛け金をもったいないなあと本当に思ってましたもの。l
そして証書の内容なんて知らない・・・(汗)ですよね~私、しかもなくして再発行の手続きまでして…出てきたんですけどね(笑)
保険会社の人の迅速な対応に感激でした。体のことも心配していただいて。自分がお世話になってみて保険外交員の仕事もいいなあとちょっと思いましたよ。
私は貯金に給付金を足してマンション頭金になる!ってドキドキしちゃいましたよ~ま、患者は買えないことを知ってv-164今後の家賃に消えそうです~
浮腫あっても程度によっては大丈夫!思い切って行ってしまったほうが自信がつくかもですよー。

2008/03/14 13:28 | | edit posted by プア◆メアリーアンさん
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/124-0bfedde6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。