スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 MAR27① セカンドオピニオン前編

午後から外出、前に午前中に頭部CT検査。
入院してからの頭痛の原因ががんに起因するものかチェックするとのことだったが、脳に転移なんかだったら金曜のオペどころではないんじゃないの~??
でも実はスゴイ物忘れが気になってたから脳萎縮も含めて調べてもらっちゃお。
CTの造影剤注射はやっぱり気持ちワル~で嫌なのだけれど。

そんなことより今日のメインは「いざG研へ」。
外出届出して、紹介状と検査写真を貰っていざG研へ。
久しぶりに着替えて(緊急入院のときの服ね)いざG研へ。
すこしデニムきつい。。太るはず無いと思ったら、貧血で全身むくんでるんだと見送りに来たたかお研修医に言われてなるほど~
ハリキッて出発したいが、やっと車椅子を卒業したばかりだから足元危うい(笑)


ナベ先生に「何かあったら救急車で帰ってくること」と約束されてしまった。。トホ。
母と仕事を休んだ妹が付き添ってくれてタクシーでG研に到着。








……スゴイキレイ…

後光が射してる新しい病院。風の音が響く閑散とした場所に建つ真新しい箱。
ロビーだってピカピカで縁起悪いけど天国に近いカンジ…(しつれーしました)



そしてあの人もあの人もあの子だってミーンナがん患者。ワタシもなんだよー。まだ信じられないけど。
と言うことは、ここに来れば友達は出来るだろう。


受付はピッチで呼び出されるシステム、ホォ~なんだかスゴイ。
待合室も2段階。広くて座るところも沢山ある第一待合ロビー。
H病院の狭さや人の密度の多さとは大違いだ。


婦人科初診用の問診表に初体験の年齢を書く欄があって、母には見られたくないな(笑)と思った。







予約時間まで40分くらいあったから、ひとりでヨタヨタ歩きで病棟見学してみた。
用のない人は行ってはいけないだろうからとりあえず適当な階で降りてエレベーターホールからガラス越し(ドアで病棟と分けてあった)に観察してきた。だってココに入院するかもしれないぢゃん。。



デイルームみたいなところが直ぐ見えて、老若男女が体操をしていた。
おじいさんも茶髪の女の子も、あのお兄さんも皆がんなのか…
なんか切ない。自分もここに転院してその中に入る可能性だってあるのに。


そして大きな窓から望む景色は良く(何も無く空がきれい)、明るすぎるくらい光が入る。

天国に近い…失礼な第一印象は変らない。
都心(渋谷区)のH病院との環境のギャップがありすぎる。。という感想をもって診察待合ロビーに戻る。




予定より20分遅れで呼ばれて診察室に入った。ドキドキ。これで治療法を決めるのだ。
スポンサーサイト
03:39 | がん告知~手術前日
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/15-620f49b9
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。