スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 MAR29 手術前日

忙しい日だった。

朝9時から検査づくし(腫瘍シンチ、心電図、胸部レントゲン~)、手術後用の和式寝巻、T字帯等の買い物、お風呂にてジョリジョリ、
部長先生の内診(痛いーー)、輸血、手術室の看護師さんから&麻酔医師から&執刀医からのムテラ(説明)……

                

お陰で脱走するヒマはありません。


感傷に浸る時間も日中はなかった。
ホントにがん患者なの~??あした大きな手術をする人とは思えない過密で酷なスケジュール。




スケジュールの一番最後がナベ先生とたかお研修医と母とワタシでカンファレンスルームにて最終説明だったのだが、



広汎子宮全摘術と骨盤内リンパ節郭清についてのことがとても詳しく丁寧に書かれたプリントをもらった。
皆で内容を確認しながら質疑応答ってスタイルで一方的な説明でなかったのが良かった。


目が行ったのは

【合併症】という文字



いよいよリンパ浮腫、排尿障害の説明か。

・出血     そりゃあするわな 

・感染     生傷つけるんだからあるかも

多臓器損傷  エッ…まあ、これが理由で排尿障害になる?んでは?

腸閉塞    そっか、腸の位置が変るのか…ゆ、癒着ね、だから早く歩けって言うんだ

排尿障害   キタキタ、でも自己導尿ってなに?ヤダヤダー。

・血栓症    エコノミークラス症候群、のアレね。靴下履くんだ。

下肢リンパ浮腫 ハイ、キッター。リンパの通り道が切れます(涙)
        今後は長時間の立ちっぱなしは浮腫みが強くなるので避けてください。………



「センセ、立ちっぱなし不可ってのはそれこそ不可能なんですけど、ワタシ」

ワタシは激しく立ちっぱ、歩きっぱ、それでもって力仕事もある職業だ。24時間丸一日をちょっとの休憩だけで働き続けることも普通にあるし、2万歩近く歩いてしまうこともある。

「無理ですね」いきなり斬られた…

ナベ先生はドSだ。


どうしよう。
出産への夢も今まで築いてきたキャリアも全て奪うのか、がんってのは
何でワタシなの?ねー、なんで??『命さえあれば』って心境に全くならない。。。。
失い過ぎだ。生きていけるのか?



追い討ちをかけるように言われた
「あのー、確認なんですけど…
直腸の中は大丈夫だったのだけど、あまりに腫瘍が大きいし、直腸と接しているので(お腹を)開けてみてもしも癒着があったら医学的には切除しますが…

人工肛門ってことですか?」
「つまりそうですね、外科の先生に来てもらって切除と人工肛門へのルートを造ることになりますが…それは了承してくれますか?
あと、左の尿道も腫瘍が食っていたら切り取るので腎臓を殺して後々摘出することになりますが…」

「絶対嫌です!!!!どんなに癒着してようと切らないで下さい!放射線でも抗がん剤でもやりますから、そのままにして下さい!仕事復帰が絶望的になります」
ストマになったら仕事は天地がひっくり返っても無理。そんなにワタシから奪わないで。
「余りに進行していれば切らなければなりませんが…多分そこまでは行っていないと思われます…では切らないということで。」
「そうして下さい。」


ただただナベ先生の腕とがんが進行していないことを信じるだけだった。



スポンサーサイト
18:00 | がん告知~手術前日
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/20-433c3ff2
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。