スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 「儒教と負け犬」

2009年8-9月 074
久しぶりにハードカバーを買いました。
酒井女史の「儒教と負け犬」


ブログ名に大きな影響を与え続けてます「負け犬の遠吠え」から早6年・・・

中国では「余女」、韓国では「老処女」というのだそうですよヒエエ

初版時、ワタシは30か31歳。
娘の将来を不安に思う母に読むように何度も言われた。

しかし、ワタシは読まなかった。なんとなく内容は分かってたし、
「ああはなりたくない」と自分は未来も思わないし、焦らないと思ってた。

確固として自分は自立して焦らないイケテル30代を送るのだと思い、又自分を信じて過ごせばきっといい出会いがあると思い込んでましたよ。

それが事件勃発。入院中に本を手に取る羽目になるのであった。
身も心もズタズタで、自分を笑って読む羽目になったのである。

続編は隣国儒教のお国との比較かな。学ぶところは多いはず。知り合いにもいるが、彼女らのプライドの高さは気持ちのいいくらいであるからして。
ニッポン人は人と同じことをするのに安堵する傾向有、みんなが婚活すればやらないと焦るわけである。もしかして当人が自己のありかたに理想を持っていたとしても流されてしまうかも。

そういうワタシも何度も何度も足元をすくわれそうになってます(><)

これ読んで「ハッ」できたらいいな。

感想文はまた後日^^



ランキング参加しています↓よろしくデス

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーサイト
21:23 | 遠吠え
comment(1)     trackback(0)
comments
素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
2010/01/18 16:21 | | edit posted by ダンスとの出会い
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/241-54661c6f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。