スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 術後5日目 尿意の記憶と切り逃げ先生

朝、起床前に尿道カテーテルをクリップで止めて、膀胱に尿をためて
【ウッ、おしっこしたい】という尿意を感じる膀胱訓練を始めた。

それを2時間置きに数回繰り返してから自尿に再チャレンジすることにした。


クリップで止められると、な~んとな~く、おしっこ貯まる感&したい感はある?かな?どーかな?って感じだ。。。

やっと午後になってこれは完全に尿意だってのが来た~

一度トイレに行ってみると

出た!!!


初自尿!

膀胱訓練が利いたんだね。

そして、ナベ先生、手術の腕いいじゃん!



いきなり200ccほど出たから喜んでワタシの担当看護士Oさんに報告すると


「残尿がどのくらいあるかによりますよ」とのこと。


ベットで残尿チェックここH病院は処置室に行かず、自分のベット上で残りを搾り出すのだ。。。看護師さんに尿道にチューブを差してもらい膀胱に残った尿を出す処置:もう見られまくりですわ)してもらうと


400cc~



残尿が40ccを下回らないと自己排尿できる人にはなれないそうだ。
コレ10倍じゃん。っていうか、そんなに残ってるのに全部出した気になってたなんて落ち込みだ~それに膀胱キャパ大丈夫?



ナベ先生が言うには
「2週間で出来るようになるか様子をみましょう」
たかお研修医がいうには
「暫く自己導尿(自分で管を入れて出す、んだと)になる人もいるからあせらないでくださいね」


そんなこと言われると俄然やる気出る!!!
管入れなきゃ排尿できないなんてイヤダ!!!
10日で仕上げてやろうでないの!!!



看護士Oさんと二人三脚の排尿訓練に燃えることを誓ったのであった。


*********************

夜になってナベ先生がやってきた。
なにか言いたそうなのだけどモジモジしてる。
「あの、プアさんにお話してお伝えしておかなければならないのですが…」
「なんでしょう?(おしっこ管付いてる患者に告白はないだろう←バカ)」
「僕、4月1日付けで異動になったんです」



ナンですとー



「大学に戻らなければならなくなって。。。あの、でも、週に一度は外来続けますし、他にも手術ヘルプではH病院に来ますので大丈夫ですから。。。いつ言おうか迷ってたんですけど。。」
「センセいないとすっごく不安です~」
「すみません、これからは婦人科部長が主治医になりますけど僕も診て行きますから。。」



これは切り逃げ?切り捨て?だーーーー。

勤務医だもん、しかたないけど。
せっかく通い合ってきたのに、とても残念。


毎週会える度に元気になっていくのを見せなきゃ。
センセも新天地でガンバッテ!!



ランキング参加しています↓よろしくです。

スポンサーサイト
16:44 |  術後の苦労と入院生活
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/30-cefe4881
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。