スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 MAR17-21 機能性不正出血+重症貧血(膀胱炎添え)

昨日の出血騒ぎはこんな診断だった。↑全治2週間。
ストレスが原因で生理がおかしくなって、重症貧血に。
お陰で気持悪くって起き上がれないし、寝返り打つのがやっとだ。というより床上安静命令で起きてはいけなかったのだ。

最悪時血圧は上60の下30…辛かった~もともと低いのにこんな数値とはオドロキだ。
血液検査の結果はヘモグロビン値7台。普通は12~15くらいらしいのでめちゃ足りない。堂々の要輸血の結果だった。

オールで飲んでた妹が眠そうだけど来てくれた。母も夕方に北海道から到着。万が一のヘルプにメールしておいた近所の友人A子もMも来てくれた。
みんなワタシのむくんだ真っ白い顔を見て慌てていた。(貧血ってむくむんだって)
ごめんね、心配掛けて。ちょっと働きすぎたかな…




安静の間、グルグル回る頭で考えた。だって、生理の出血って毎月量が決まってるでしょう?なんで死にそうになるほど出てしまったのか?大いにしても限度ってもんがあるんじゃないの?友達も同意見だった。

この際検査してメンテナンスしてしまおう。
きっと婦人科系のなんかの疾患はあるだろうし。




絶食4日目でぐったり、水分の経口摂取も限られててさすがにヘナヘナで、トイレ禁止の為に付けられた尿道バルン+カテーテル(膀胱からの管ね)も気持悪くて困る。

その日のうちに高熱が出てきて嘔吐まであった。尿道口の管が痛くてしょうがない。
膀胱炎??
そうだ、管を入れられるときに看護師に2回も失敗されて痛かったもん…膀胱炎だよ、きっと。
センセに訴えると院内で発熱は先ずインフルエンザを疑うとかで検査……違うっつーの。下が痛いんだって!
ほぼ一日放置されてやっと膀胱炎の診断。院内感染かい、まったくもう。早く抗生物質出さんかいっ!


熱が下がった頃に内診するとの連絡。外来の終わった夜によろよろと乗った車椅子で初めて見る病院の廊下を移動して診察室に行った。

ナベ先生と若い男の子が待っていた。!男性看護士と思っていた彼は研修医だったのだ(大沢たかお似でイケメンである)。す、すいません。。

クラクラして大汗かきながらやっとのことで診察台に座るといろいろ検査された。
おしっこ用の管は入ってるし(←膀胱炎の消毒)+膣は内診で細胞採取したり、触診したり、器具入れたり+後ろの穴はワタシが内診を痛がるので座薬を刺し……で、3箇所一度に拷問プレイのようだった。
ハンパなく痛かった。


「プアさーん子宮がん検診は受けたことある??」と手を止めずにナベ先生。
「去年は行ってないんですけど、一昨年は行きました。異常なし、きれいな子宮って言われましたけど…」
「そっか、検査したことあるんだ………(点々に含みあり)」


こちらとて含みは感じ取れますよ、なんか変!なんだろなって、思った。翌日MRも撮るという。



でもまだそんなオオゴトとは思わなかった。
まさかぁって変な想像を打ち消すのは容易だった。
スポンサーサイト
14:50 | 血まみれのトイレ
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/5-1a34e139
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。