スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 リンパ浮腫クリニックの診察②

①のつづき



「プアさんは今は治療をする段階ではないけれど、今後重々気をつけていく状況にありますから、当院でリンパ浮腫の患者さんにお話することをお教えしましょう」


院長先生はプリントを見せながら噛み砕いて説明してくださった。

-------------------------------------------


問診・触診・視診・採血・エコー検査

上記の診察で患者様の状態にあった治療をします。
プアさんは今日は本格的治療開始ではないので採血は要りません。

一般的にリンパ浮腫のケアとは

圧迫、ドレナージュ、運動、スキンケアの4大柱

からなります。
ますこれを心がけましょう。

ここのクリニックで患者さんへ指導・治療している9つの項目があります。


1・圧迫治療

プアさんの場合に出来ることは日常生活でストッキングを着用することでしょう。治療というより予防方法として、弱圧ストッキングでよいと思われます。
因みにリンパ浮腫の治療には30~50mmHg (中圧、クラス2以上でしょう)のストッキングを薦めます。圧迫のみで患者さんの80%が症状が軽減しています。


お、現在中圧のストッキングを持っているが、弱圧でも大丈夫なんだ。よし、なにかストッキング買って帰ろう。


2・リンパセルフエクササイズ

当院ではYALSE(ヤルゼ):Yoga & Aroma Lymph-Self Exerciseを紹介しています。当院オリジナルの医学的根拠とアロマセラピーとヨガの要素を取り入れた運動療法です。
プアさんはご自分でマッサージをされているということなので先に肩を回して腹式呼吸をし、体側をマッサージしてリンパの誘導路を先に造るのをご存知ですね?ヨガの基本の腹式呼吸が理に適っているとヒントを得たのと、リンパ管の働き(一方方向にしか流れない・弁があって逆流を防いでいる→ポンプ機能がある)をヨガのポーズを利用して機能を高めることが出来るのではということで考え出した運動なのです。更にヨガのポーズ後に流れをよくするアロマオイルを使ってマッサージをするというものです。爪もみもやります。
共同考案者のヨガ講師が指導します。 
こちらは有料で講習会を受けていただくか、DVDを購入していただくことも出来ます。帰りに一度DVDを観ていって下さい。


DVD見て帰ります~。講習会参加します。。。
今日はマッサージしてもらったり、指導をしていただくことは出来ないのですね(泣)



3・波動式空気マッサージ(ハドマー・メドマー等)      だからハドマーって言うんだ~ 
必要な方は適切な圧の下に器械にてマッサージをします。通院困難なら購入用も紹介しています。

特に追求しなかったけど、メドマーよりハドマーを薦めてらした。。違いってよく分からないままです。。


4・交感神経ブロック法

下肢の場合:腰部硬膜外ブロック、腰部交感神経ブロックがあります。
かつて担当患者でリンパ浮腫且つ痛みに苦しんでいた患者さんがいて、麻酔を施したら浮腫まで消えてしまったということがあって…麻酔科医でもある私ならではの治療法です。他にやってるところはないでしょうね。効き目は67.2%です。個人差はありますが、治療後にストッキングがいらなくなった患者さんもいます。また、片脚の治療で効き目があってストッキング無しの生活をして4年後に反対の脚に浮腫が出てきた例が最近あり、再度麻酔治療をする予定です。
もちろん痛みのない方でも施術可能です。


もうどうしようもなくなったらコレに頼るかも…とならないことを祈るが…


5・レーザー治療

交感神経ブロック治療の6~7割の効果が期待できます。痛みの無い治療です。

痛くなくても効き目が少ないなら痛くても麻酔頑張るよね


6・漢方薬治療

状態によって利尿剤が有効であれば処方します。プアさんはもうサイレイトウと服用中とのことで、効いているのならそれでいいと思います。もう一種類、ゴレイサンという薬もよく使います。

下腹部の腫れが浮腫でないならもう薬いらない?次回主治医に確認だ。


7・アロマセラピー

2↑のヨガ&アロマセラピスト講師の講習会があります。

はい、参加してみますぅ。


8・リンパ浮腫に悪影響を及ぼす疾患の治療

●高コレステロール血症(高脂血症) 
●深部静脈血栓症(リンパ浮腫と共存している場合)
●腎疾患
●肥満
●皮膚疾患の治療(水虫・蜂窩織炎ほうかしきえん

特に高コレステロール血症と肥満については日本リンパ学会から発症患者の追跡調査を頼まれた際に結果を見ると、リンパ廓清後にリンパ浮腫になった人の殆どに見られました…



ワタシ、ここまで説明をフムフムと心で頷きながら聞いていたけど、この項目で今までに思いつかなかったことを聞いて開眼!

そうだよね、体内の水分や老廃物は元々は血液が運ぶもの。血管(静脈)で流しきれない老廃物がリンパ管のお世話になるんだもの、サラサラ血で体中の血流がよければリンパ管に負担をかけることが減るのではないか。

脂肪でリンパ管が圧迫されたらリンパの流れに悪いよね、、そうだよ。なんだかそのとおり、って感じ。

脚の挙上やらマッサージやらストッキング着用を頑張ったって、体の中からキレイにしなくては完全なるリンパ浮腫予防をしてるってことにならないんだ~~!って非常に納得。
ウンウン。



リンパ浮腫患者の恐怖:蜂窩織炎(下肢からの感染や何らかの原因でリンパが流れない状態の患者は炎症を起こし、発熱や発疹、腫脹してしまうのだ)と他の病気との見分け方を教えていただいた。

→下肢の皮膚に赤いブツブツが現れて、白い部分と赤い部分の境目がハッキリしていて、表面に熱をもっていたら蜂窩織炎を疑えとのこと。

ナルホド。


9・生活上のアドバイス

スキンケア:外傷、虫さされ、日焼け、しもやけ、ペットの引っかき傷、深爪に注意
禁忌:浮腫のある箇所の採血、鍼灸治療
注意:脱毛処理は皮膚に傷をつけたり、皮膚刺激の強いものはさける。


やはりもうハワイでビキニで波乗りは出来ないわね。。日本でだって真夏でもウエットフルスーツ+ブーツか…?下手なのに余計に海で目立つではないか!
それに“しもやけ”って…地元ならでは~(笑)



以上とのことだが、とにかく病院では一部の治療に留まるので


リンパ浮腫の予防・治療で一番大切なのはセルフケアだから頑張って下さいと念を押された。



院長先生の調査によると、術後リンパ浮腫発症するのは4人に1人と言われているが、一過性で治ってしまった人を含むと6~7人に1人だということだ。
どうして一過性で治ってしまった人がいるのかと質問したら、そういう人は切られたリンパ節のわき道が発達したことに加えて体側の誘導路が急速に発達したのではないか…とのことだった。


ナルホドナルフォド~!!




院長からの解説に対してのほかにまだ質問がある!

Q 痛みとか、だるさとか…浮腫の予兆ってあるのか?
A 発症前なら脚の不快感はきっと手術で色んな神経をいじっているからでしょう。これはしょうがないです。
この痛みがきたからリンパ浮腫が起こるとは決まってないです



Q 立ち歩きの重いもの持つ重労働のワタシの仕事復帰について、可能かどうか?執刀医は大反対しているのだが?(会社にサイバーパトロールがいるので職業は明かせません。スミマセン。)
A その環境じゃ、発症率上がりますよ。仕事に戻るのなら必ず弾性ストッキングを履いてやってくださいね。(やや呆れられてしまった…


ううーん、やはりいい顔してもらえなかったか、仕事復帰…


でも、今日のことをヒントに

体の中からキレイになって血流よくしちゃって、ヨガで体側をしなやかに鍛えればいいじゃん??
それでもってストレスたまらない程度にマッサージやストッキング着用のセルフケアをコツコツやる、と。


ヨーシ、やったるよ~
これから毎日玉葱やラッキョウを食べよう。

でも無理はしません。もし症状が出てきても焦らずに気長に付き合っていくつもり。


受診してよかったな。

マッサージ講習会も早速申し込んだ(いつのまにかもう明後日。。)し、DVDも取りあえずは視聴してきた。(講師の女性…いい感じな熟女でしたが。)

専門家に話を聞いてもらえただけでも気が楽になったし、まだお腹は発症してないことも分かって安心できた。


院長先生、しつこい質問に丁寧に答えていただいて有難うございました!!!



③弾性ストッキング考察につづく







ランキング参加しています↓長文でゴメンナサイね、でもまだ続きます


にほんブログ村 病気ブログへ












スポンサーサイト
22:57 | リンパ浮腫
comment(10)     trackback(2)
comments
ナルホドナルフォド~!!
すてきなレポートありがとうございますm(__)m
すごい心強いじゃないですかぁ!!
いいなぁ。。
私も海や川や山に行きたい!!
けど怖い!!
日焼けした~い!!!!
・・・歳のことも考えなアカンねんけどね^^;
でもでも、診察代一部負担しなアカンくらいの詳しいレポートありがとうございましたm(__)m
2007/10/24 22:37 | | edit posted by しじみ
おじゃまします
こんにちは~。
なるほど。参考になりました。自分で気をつけることがいっぱいあるのですね。下手に触るのこわかったのですが積極的にマッサージしようと思いました。
やはり、専門のところでいろいろお話聞けるのいいですね。私も行ってみたくなりました。しかし、北海道・・・。
2007/10/24 23:23 | | edit posted by まる
☆しじみさん
うん、心強いけど、内心はマッサージも受けさせてくれよ~と思いました。
地味に札幌はリンパ浮腫の専門病院が割りと数があるのだけど、どこに行ったらドレナージュしてもらえるのか…?明日の講習会も自分でやるし、先ずはプロにやっていただいて教わりたいのよね。

脚の怪我厳禁なら裸足で海、特に岩場なんてもう無理なのかな…I miss ハワイのリーフ…

日焼けはしょうがないのでセルタンしましょう。
2007/10/25 01:55 | | edit posted by プア
☆まるさん
こんばんは!いらっしゃいませ。早速ありがとうございます。
マッサージはどんどんやったほうが良いようですよ。
ただ自己流はいけないので専門書等を参考にするか(ワタシは「リンパf浮腫がわかる本」を持ってます)、プロに習うべきと思います。
因みにこのマッサージも参考にしています。
http://www.gsic.jp/measure/me_06/02/index.html

東京には上記の本の著者である先生のクリニックもあるし、マッサージ受けられる治療院も沢山あるので調べてみては?北海道なんかより情報は豊富ですよ!
セルフケア、頑張りましょうね~。
2007/10/25 02:01 | | edit posted by プア
ありがと(^_-)-☆
プアさん ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
お久しぶりですぅ<(_ _)>
私もねまだまだ大したことはないんだけど、この頃ちょっとばかりリンパ浮腫が進行しているような感じがして心配になっちゃって・・
プアさんのこの記事めっちゃ読みましたぁ(^^)
いっぱいなるほど~って思いましたし、勉強になったよん!
ありがとぉ(^^)
私も病院へ行くことをちゃんと考えなきゃって思いましたー!
2007/10/25 11:14 | | edit posted by yuika
プアさん
素敵な先生に出会えてよかったですね♪
とっても丁寧で親身になって下さって、心強いですね^^
というか、プアさんがちゃ~んと理解されていて詳しいからスゴイ!
その知識があれば、セルフケアもバッチリですね!
私も、すっごい勢いで体重が増えつつあるので、気をつけますf^^;
2007/10/26 01:03 | | edit posted by モモ
ところで治療費はどの位かかりましたか?詳しく教えてください。
2007/10/26 18:01 | | edit posted by えびぞう
☆yuikaさん
こんばんわ~!
日々不安ありますよねッ?
一度診察してもらうのをお薦めします。クリニックに入るまでは「発症してます」宣告が怖かったのですが、それならそうで早く対処すべきだし。
机上(web上)での知識が確かなものになりましたよ。
お互いあんまり浮腫まないといいですね!
2007/10/26 23:53 | | edit posted by プア
☆モモさん
調べてみるとかなり評判のよいクリニックのようで…行ってみてよかったです。でもマッサージしてもらえなかったのが心残りです。
リンパ浮腫の勉強は手術前からしてました^^今思えば告知→手術までのたった一週間で一ヶ月分の活動をした気がします…
体重(サイズ)管理は私も( ☉_☉) ?がんばりまーす。
美容的な理由でなく健康上のことだから今度こそキチンとやれるでしょう!…どーかナ。
2007/10/26 23:58 | | edit posted by プア
☆えびぞうさん
はじめまして、コメント有難うございます。
ええと、私はこの初回はマッサージ等の治療行為を受けていません。
初診・診察料+検査代・医学管理費で
3,160円でした。保険利いてます。
ストッキングは自費です。
2007/10/27 00:01 | | edit posted by プア
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/61-c6ac06a8
trackback
リンパ浮腫に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
| クチコミコミュニケーション | 2007.11.08 09:34 |
リンパ浮腫に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
| マッシュアップサーチラボ | 2007.11.16 23:11 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。