スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 MAR22-③ 長い夜

しきゅうけいがん。子宮頸癌子宮頸がん

癌って漢字キライ
気持ちわる~。がん細胞の増殖を思い出させるような嫌な字面してる。


それがお腹のなかにいるって?いつから?なんで?
しかも子宮を奪おうとしている

子供が産めないって何?ママになれないって何?どーゆーこと?
このままだと死んでしまうの?ワタシが?何で?







実家に電話するまでに時間が掛かった。信じられないことで頭がグルグルだ。明日まで延ばすことは出来ないだろうか?でも遅かれ早ければれる事だ。なんせ手術予定日(断固として認めないけど)が迫っている。



優しい声で電話に出た母に「仕事で帰ったのに邪魔して悪いんだけど……」
言葉に詰まる。でも沈黙すると嗚咽になりそうだ。

ええい、言ってしまえ。

「検査結果もう出ちゃった。ハッキリ言うよ、悪性だって。がんだってさ。ママ~ワタシ、子宮取るなんて絶対イヤだよ…」



大泣きしてしまった。デイルームに居たおばさんは知らない振りをしてくれている。



「手術で治るんだったら頑張ろう。手術しよう。プアがいなくなったら元も子もないんだから。」母の第一声は気丈だった。


「でも子供が持てない位だったら今後の人生何の為?なんとしてでも子宮は残したいの。分かって欲しい。」


「子供は諦めて。がんを治していこうよ。」


「諦められない。でも、ママごめんなさい。孫を産めないかもしれない」今振り返ると強烈に痛烈な言葉だと思う。母にはキツかっただろう。


母も涙声になり直ぐに嗚咽になった。


「ごめんなさい。好きなことばかりさせてもらって、自由に生きさせてもらったのに、こんなことになって。ごめんなさい。罰があたったんだよ。罰ならワタシだけでいいのに、ママとパパにも辛い思いさせてしまう。」
ワタシはただ謝り続けた。


父とは喋れなかった。「仲間ん中で孫が居ないのは俺だけだぞ~仕事はそこそこに早く孫見せてくれよ」
会うたび言う父とはとてもではないけど直接話すことは出来なかった。



電話を切って、看護師さんにベットまで車椅子を押してもらった。可哀想、って顔してる。なーんだ、もう皆知ってるんだ。ヤな感じー!
「今晩眠れる?」とか聞いてくる。ほっといて!


たかお研修医までやってきて睡眠薬をだそうか、と言う。気を遣われてることに悲しくなって涙が出てしまった。気を遣いつつも手術するって返事を聞きだそうとする研修医にイライラした。

「ワタシ、何を言われても自分が納得できないと返事できません。」

「そうですね…」

「ココは(がん)専門病院ではないですよね、ワタシは専門家の話が聞きたいです。」
とっさにセカンドオピニオンのことを思いついた。ちょっと勇気がいるけど、たかお研修医に伝えてみた。


「分かりました。ナベ先生に伝えておきます。今晩は少しでも眠ってください。」



眠れるかっちゅーの!!!!


眠れない長い夜病気に対する知識の無さに、情報の取れなさに愕然としたいろんなことを出来るだけ沢山知りたいと思った。


で、悪いと思ったけど近くにペースメーカー埋めてる人はいなそうだと思って布団を被って携帯からネットにアクセスして「子宮がん」で検索。ノートPC持ってればなあ。。。なんで入院してんのよ!!!

資料は少ないけれどワタシの中にいる物の実態が少し分かってきた。
子宮を守る手段はかなり厳しそうだ。どうしよう……
スポンサーサイト
17:39 | がん告知~手術前日
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shikyukeigan.blog113.fc2.com/tb.php/8-cb249c35
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。